資格・試験の悩み
資格パンダ

資格とは、自分の力量を客観的に測る基準です。 いくら、自分が「できる」と言っても、それを相手に伝えることは難しく、また信憑性も低いです。

そんな時、資格を持っていれば、「“私がこの能力についてはここまでできる”と○○機関が認めてくれている。」というように、第三者が自分の能力を証明してくれるのです。さらにいうと、資格がないと自分がやりたい職業に就くこともできない場合があります。法的に○○資格を持っている者でないとこの作業・仕事で対価を得ることや、公の場でその行為自体を禁じているのです。

そういった意味で資格は、自分の能力を証明するものであると同時に、特定の法的権利を与えられるじつに可能性を広げてくれるものであるといえます。

国家資格と民間資格

さて、一言で資格といっても日本にはじつに様々なモノがあり、大きく国家資格と民間資格の2つに分けられます。

「国家資格」とは国が法令で定めた資格を指し、行政の権限に基づき、一定の行為を行うことを許可するものです。 たとえば弁護士を職としたい人に必要な弁護士の資格や、自動車を公道で運転したい人に必要な自動車免許といったものです。

一方「民間資格」とは、各企業や団体が定めた資格のことを指します。 その企業や団体の知名度や規模により、どこまで通用するかの差はありますが、有名なところでは英語能力を測る物差しとしてTOEICやTOEFULといったものがあります。 これは民間資格でありながら、企業が個人の英語能力を測る物差しとして、世界中で広く認知・利用されているものです。

資格を取得する前に

自分の幅を広げるのにとても便利な資格ですが、いざ「○○資格を取得するぞ!」と思いたっても“その資格を取得するまでの期間”や“どれだけの費用が必要なのか”、“どの参考書が必要で、どこまでの知識が必要なのか”などなど立ちはだかる壁はそこそこ高いです。 今はインターネットという便利なものがあって、調べようと思えばその答えはほとんどの場合どこかに載っています。

しかし、それには結構な労力と時間が必要になってきます。 そんな時はすでにその資格を持っている人や専門家に聞いてみるといいでしょう。 そうすることでもしかしたら、ただの情報だけでなく資格試験の傾向と対策を知ることができたりするかもしれませんね。

    ■資格・試験の悩み解決ならこのサイト!!
スクリーンショット
資格試験.net
世の中にある様々な資格試験情報やキャリアアップ、独立、就職、転職に役立つ資格取得を応援するポータルサイトです。様々な資格の合格率・就職実用度などが分かりやすく掲載されています。
スクリーンショット
資格試験取得サイト
資格試験の内容や資格取得の難易度・合格率、試験日程、取得後のおよその年収などを解説したサイトです。国家資格から民間資格まで幅広く網羅されています。